なちゅらり・らん

広い空の下、今日も夫婦2人+1ワンは元気です!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

爪切りで思い出したお話

お友達ブロガーさんのところで愛犬の 「爪きり」 が話題になっていました。

そして。。。ふっと懐かしいことを思い出しました。


それはね。。。
ジミーとの出会い




にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ←子供のころから
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ←ワン子大好き♪

続きはこちら↓ 



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 

<昔話>
どういう理由だったかは小さかったので覚えていませんが
親戚の叔父さんがたくさん飼っていたワンちゃんの里親を探していました。

でもこのジミーだけは知らない人に託したくないということで
わが家で引き取ることになったようです。

さて、このジミー。
当時、お家の中でワンちゃんを飼うってだけでもセレブー感ただようのに
なんとプードルカットまでされていて、まさにお嬢様プー。

しかも叔母さんにしっかりと躾けられていたので
本当に本当におりこうさんな子でした。

そんなジミーと はぐは出会ったその瞬間から大の仲良しにっ!

毎朝サークルから出してもらうと まっさきに はぐを起こしにきて
顔中を舐めてくれたジミー。

大好きなお散歩に行くのも 
お風呂に入れるのも。。。 いつもはぐが一緒。

そんなジミーはブラッシングも大好きで
鏡台の前に人が座ると自分も横にチョコーンと座って
ブラッシングしてくれるのを待っているようなワン子でした。



そうそう。

そして 「爪きり」 です。

たぶん、いや。。。おそらく。
ジミーも爪きりはとっても苦手だったんだと思うんです。
だけどとっても厳しく躾けられていたジミーには
「抵抗する」という選択肢はありません。

子供の はぐが爪きりをしてあげている間も
ジーっとガマン。

幸いホワイトプーだったジミーの爪は
血管の通っているところが見えたので
怪我をさせたこともありませんでした。


さぁ。ここで調子ののったのが はぐ。

本当は、ジミーが躾けられてからわが家にきたので

子供の はぐがするシャンプーでもブラッシングでも
爪きりさえもおとなしくさせてくれるジミー。

ところが はぐはてっきり自分が上手にやってるから
ジミーが嫌がらないんだっ!! と信じて疑いません(笑)

ホントはジミーがガマンしてるのにっ。

しかもこの勘違いは なんと。
ユズと暮らし始めても続きます。(えっーーっ!!)


実はユズ、爪切りは苦手です。
でも。。。
あんまり はぐが自信満々に爪切りに挑んでくるので
(↑子供のころの経験がそうさせている。。。)
ユズは逆らうことができません(笑)

本当は はぐだって。。。
真っ黒なユズの爪だと血管が見えないので 怖い んです。

でもそこはホラ。 
「子供の頃のはぐ」 にできたのに 「今のはぐ」 にできないなんてっっ!と。
(自分に負けちゃぁいられないっ!!と思っちゃうのがはぐなわけです。)



仔犬のユズと暮すようになって改めて
躾けやお手入れに関しての情報を集めるようになりました。
そして本当は叔父さんや叔母さんに教えてもらわなかったようなお手入れも
実はたくさんあるんだということを知りました。

躾けの仕方に関しては目からウロコなこともいっぱい。
(ちなみに叔母さんの躾けはスパルタ方式で怖かった!)



ジミーは はぐが20歳のちょうど今の季節に16歳の生涯を閉じました。

新社会人として働き始めた はぐのところに
妹が泣きながら電話してきた時のことを今でも忘れません。

いつか。。。
いつか、ユズにもそういうときがくるのでしょう。
だってワンちゃんは人間の何倍もの速さで歳をとっていくのですから。

でもね。
そのときがくるまで、ユズの面倒は はぐが見るからねっ!
子供の頃には知らなかったお手入れも少しずつ練習するから。。。

だから・・・ユズも協力してくれたまえよっ♪



お友達ブロガーさんのところで

「いつか愛犬がサロンに連れていけないほど年老いたときに、
 自分でお手入れしてあげられるように。。。」 と

苦手な爪切りを克服しようと頑張っている記事を見たときに
胸がジーンとして。。。

そして、ふっとこんなことを思い出して
ジミーを思って懐かしくなりながら
ユズを思ってこれからも頑張るぞぉーっ!って

気分新たになったというお話です。

スポンサーサイト

| 2008年 | 12:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はぐさんが言っていたのはこのことだったんだぁ
いいお話でした

子供の頃って信じて疑わないことが色々あったよね
その頃の真っ直ぐな気持ち
ずっと忘れずに持ち続けたいよね
でも年と共にそれが難しくなってるなぁ・・・

お互い黒い爪きり、がんばりまっしょい!

| さくら@ | 2008/06/11 16:44 | URI |

はぐさんは、子供の頃からワンちゃんの面倒をみていたんですね~

私も今迄に沢山のワンコを飼って来ましたが未だに色々新しい発見ばかりです。それに今のようにネットでの情報があるって違いますよね。

ワンちゃんが歳をとるのが早いって悲しいです。。
今迄も一生懸命みてきたはずだけど悔やまれる事も多いなぁ~

私もゆずが安心して歳をとれるように頑張りますよ~~!

| yuzumanma | 2008/06/11 22:36 | URI |

はぐさーん、何だかじーんと来ちゃったよぉ。。。
私もつぶテンのこと、うちに縁があって来たんだから何があってっも
が守るぞ!って、思う。
けど、爪切りは、一度つぶのこと大出血させちゃって病院任せなの…。とほ。

それと、小学生のはぐちゃん、かわいいね~。

| まっちゃん | 2008/06/11 23:26 | URI | ≫ EDIT

さくら@さんへ

へへへ。
ちょっと懐かしくなって語ってしまいました(恥)

子供の頃の思い込みってすごいですよね。
「怖いもの知らず」 なだけのような気もしますし。
ジミーに怪我をさせたら・・・なんて考えたこともなかったです(怖)

黒い爪きり、毎回ドキドキですけど
はぐも爪やすりというアイテムをぜひ試してみようとっ♪

| はぐ | 2008/06/12 13:27 | URI |

yuzumamaさんへ

そんなことないんですよ~(汗)
ジミーはきんちと躾けられていた子だったから
面倒が見れただけだったんだなぁ・・・と今ならわかります。
それに結局。。。はぐは高校進学と同時に家を出たので
ジミーとも4年くらいしか一緒には暮らせませんでしたしね。

でもね。今はブログを通じて
こうして情報を交換しあえるお友達とも出会えました。
ユズと出会えたおかげで楽しいワンライフを満喫しています!
これからもきっと山あり谷あり。
yuzumamaさん、これからもよろしくお願いしますね♪

| はぐ | 2008/06/12 13:40 | URI |

まっちゃんへ

爪切りって怖いよねぇ~。
特に怪我させちゃったことがあると余計だと思います。
それに、つぶちゃんの爪なら大きくて硬いんだろうなぁ。。。
(↑切るのも力がいりそうだねっ!)
はぐもすっごく慎重に、先っちょをちょっとしか切らないの(笑)
あいだをあけて伸びた爪を切るより
短い周期でちょこちょこ切ってます♪(←こわいからっっ(笑))

イラストっていいよね~♪
実物よりかわいく描けるしぃ~♪ (あははっ!)

| はぐ | 2008/06/12 13:55 | URI |














TRACKBACK URI

http://koume0402.blog82.fc2.com/tb.php/36-ce208218

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。