なちゅらり・らん

広い空の下、今日も夫婦2人+1ワンは元気です!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

避妊手術の記録 今だから思うこと編

IMGP4038.jpg

久しぶりの身だしなみ中のユズ↑

さて、抜糸も終わって今だから思うことを少し。

・手術日をもっと真剣に考えればよかった。

ユズが手術を受けたのは5月7日、連休明けすぐの日でした。
連休の前半の4月末は はぐの足腰の調子が悪いため
ほとんど外出することなく夫婦+ユズでベッタリ過ごし
後半は長野へ里帰りし大勢の方に遊んでもらったため
ユズにとっては楽しい時間をたっぷり味わった直後の手術。
病院に置いていかれる (入院) の経験も初めてでした。

そのせいか? ホルモンのバランスのせいなのか?
それまで夜鳴きをしなかったユズが退院後何日か
サークルに入れるたびに 「ひゅんひゅん・・・」 鳴きました。
それはまるで 「ひとりにしないでぇー!」 と言っているみたいでした。

それに今年の連休は長野の高原にいても暑いくらいの真夏日が続きました。
運よくユズの手術日から抜糸までの一週間は神奈川でも三月並の寒さに戻りましたが、あのまま夏日が続いたら、傷が化膿してしまう可能性も。

そんなことを考えたらもう少し早く受けておけばよかったかな、と反省。

でもこれは無事に手術を終えることができたからこそ思えることだったりもするんです。

ユズが生後6ヶ月を迎えた頃 (3月中旬) 、季節もちょうどいいしサクッと手術を受けちゃおう・・・なんてとても思えなかったし。

ただ、連休直後の 「天国から地獄」 みたいな体験をさせたことだけは・・・深く反省しています。

夜鳴きは数日で治まりました。
クレートやサークルにも一日に何回か入ってもらって
おそうじしたり、買い物に出かけたりしながら
いい子で待つことやお留守番も今まで通りなんだよっと
教えています。

ただ・・・。
クレートに入れて車に乗せると (抜糸のために病院にいったときのこと)
恐怖がよみがえってきちゃうのか鳴きっぱなしのユズ。
声が枯れるまで 「ひんひん」 。
これからまたクレートでのお出かけは楽しいってことを
思い出してもらるように頑張らなければデス。

今日は一週間ぶりのお天気太陽
やっとおサンポに行けそうですっ!

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

「天国から地獄」 を味わったユズはというと・・・↓


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

はぐが動くたびにムクッと起き上がって後をついてきます。

無題


トイレに行くだけだよ。

洗濯物を干すだけだよ。

ごはんを作るだけだよ。

どっこにも行かないから大丈夫だよ、ユ~ズ!

スポンサーサイト

| 2008年 | 13:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

そういう細かいことって中々事前に予測するのは難しいよね。
でもちゃんと振り返って考えるはぐさんって母だなぁーーと思いました。
そしてその後も心を鬼にしていつもどおりにクレートトレーニングするところも
さすがです。
そこで甘やかすことは簡単だけど、
ユズちゃんにとっては何のプラスにもならないもの。

今回のことでますますユズちゃんとの絆が深まったようですね。

| さくら@ | 2008/05/16 09:38 | URI |

さくら@さん

ありがとうございます。
これもさくら@さんの 「犬ってこんなに大変なの!」 の
おかげなんですよv-219

でもね・・・声が枯れるまで鳴き続けるなんて
仔犬の時ですらなかったことだったので
かえって私たちの方が動揺してしまって・・・。

こういうときは男性のほうが可愛そうと思ってしまうみたいですね。
のごろー君はガマンするのがつらそうでしたよ(笑)

| はぐ | 2008/05/16 17:14 | URI |














TRACKBACK URI

http://koume0402.blog82.fc2.com/tb.php/13-80053406

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。